読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳monogurui〜高齢出産の記録

35歳で初妊娠、ぎりぎり35歳出産までの記録、産後も少し書いていきます

35w3d マザーズバッグがわりに

マザーズバッグ。買おうか悩んでいました。

去年、バッグの整理をしたときに、LL beanの大きなトートバッグは捨てちゃったし、小柄なバッグと旅行用鞄しか残っていません。

 

で、どうせ買うならマザーズバッグとして機能的に使えるものを買おうかなと思っていたのですが、なんか気に入るものがない。

きれい目な格好で持っていても違和感がそんなにないもの、っていう基準がいけなかったのか。

伊勢丹でラルフ、マークジェイコブスなど見に行ったけど…イマイチ。

ラルフのは思ったより小さめだし、マークジェイコブスなんてぺらぺらの割に重いし、値段も高い。

通販もいろいろ見たんだけど、旦那が持ってもおかしくないようなものがいいということで、花柄とかピンク色、女性的なデザインはすべて却下され。

 
結局もう、マザーズバッグとして売っているものでなくてもいいかという結論にいたり、シンプルなトートバッグにすることにしました。
マザーズバッグとして使わなくなっても、旅行なんかに使えるようなやつがいいなと。
ファスナーがついていて丸見えにならないやつ。
で、ネットで検索すること数週間。
やっと旦那も納得するトートバッグにたどり着きました。
 

それは、ロンシャンのル・プリアージュ。

ナイロンで軽いし、ファスナーがついていて、普通のトートのように鞄の中身が丸見えにならないし、使わないときは非常に小さくたためる!

ネットで探せば安い並行輸入品などがたくさん出てくるけど、オーダーで2色使いできることがわかり、今回はちょっと高いけど、オーダーすることにしました。

で、表参道店に行ってきました〜

 

店内には人がほとんどいないのに、カスタムオーダーするところだけ、混雑してました。

でも、意外にみんなてきぱきと決めて、ちゃっちゃと清算して帰ってました。

もしかして慣れてるのかも?

私は旦那とどの色にするか相談しつつ、迷いに迷って20分くらいかけて決めました。

最後には旦那に呆れられましたが…

旦那は、買う決断をするまでは時間をかけてリサーチするけど、買うと決めたら悩まないそうで。

私は買うと決めるのは早いけど、そこから色はどうしようとか、悩みすぎるようです。

こんなの悩む必要ない、インスピレーションで決めるしかない、とのこと。

 

で、結局、本体はフュジルというネイビーよりもう少し暗い青色、真ん中の、色が変えられる部分はアルジルというネズミ色っぽい色にしました。

サイズはもちろんLで、持ち手は肩にかけられるロング、金具は通常はゴールドのところをブロンズにしました。

ゴールドがよかったのに、旦那がそこだけは譲らなかった。

刺繍もできるのですが、まだ子供の名前も決まってないし、自分の名前を入れるのは恥ずかしいし、頼むのはやめました。

 

フランスで作るらしく、出来上がりは11月中旬。

もう産まれているだろうな〜

予定日まであと1ヶ月だ!