読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳monogurui〜高齢出産の記録

35歳で初妊娠、ぎりぎり35歳出産までの記録、産後も少し書いていきます

7wごろ

7wごろの体調は、食べツワリやら腹痛やら、なんだか具合が悪かった…

でも仕事も忙しくて本当に辛かった。

吐きづわりじゃないだけ、楽だったとは思うけど。

毎日終電で帰る日々は体力低下している妊婦にはつらい。

 

食べたいものもなくなって、炭酸水とポテトチップスばかり。

お昼はスーパーのお弁当など食べれるのに、夜ご飯はなーんにも食べたくない。

だけどお腹が空いて気持ち悪いから、とにかく食べられそうなものをと、ポテトチップスとヨーグルトがメインでした。

 

そしてやっと心拍確認に行きました。

不妊専門病院で治療、妊娠初期流産していたし、分娩施設への紹介状が欲しくて、2年前まで通っていた不妊専門病院へ行きました。

久しぶりの病院はめちゃくちゃきれいになってました。もうかってるんだなーという印象。

 

2年ぶりなので、初診のように色々書かされました。

受付では体外授精の同意書などが新しくなったといって渡されて、次回までにサインしてきてくださいと。

妊娠の確認にきたと書いてるのに。マニュアル通りなんだろうけど、なんだか感じ悪い。

で、1時間以上待ってやっと診察。

部屋に入るなり、女医に「自然に妊娠したとのことですが、うちは不妊専門病院で、不妊の人が今日も朝から何時間も診察を待っているんですよ。妊娠の確認ならうちじゃなくてもできますよ。」

とものすごい勢いで言われ、びっくりしました。

一瞬、もう帰ろうかと思いましたが

「前回(移植後流産)のこともありますし、紹介状が欲しいのでそのことも書いていただきたくて来ました」と言いました。

そしたらなんと、

「そんなのどこでもできますよ。何時間も待つけどいいんですか」と、もう帰れと言わんばかりの念おし。

で、もう帰ってやろうと一緒にいた旦那さんの方を向いたら、クビがうなづく。

「待ってもいいです。」と一言。

そしたら女医、しぶしぶ「じゃあ外でお待ちください」とぶっきらぼう。

最悪な女医でした。

 

確かにそこは不妊専門病院で妊娠を確認する病院じゃない。

でも私はそこに通っていたし、前回のことが本当にトラウマになっていて、自然妊娠できるとは思ってなかった。だから、どうしても分娩施設には、「不妊治療していたこと」、「体外でだめだったこと」を書いてもらいたかった。

 

待合室では旦那さんと静かに喧嘩。私の態度が気に入らなかったらしい。

私はあちらの態度がひどかったから、びっくりしただけだと、そう言っても、なぜか女医の肩をもつ旦那さん。

待ち時間が長いと知っていたから、最初から来たくなかったんだなろうな。

この気持ちは流産した私にしかわからないんだろうね。

旦那さんは、よく私にしかわからないような落ち込んでしまうことがあったとき、流産とか、麻酔なしの掻爬とか、採卵数が少なかったとか、そういうことで落ち込んでいるとき、理由を聞いてきては、なぐさめるどころか、ひどい暴言を吐くことがある。

 

私は口をつぐみ、診察を待つ。

そしたらすぐに呼ばれました。意味不明。「数時間待ちますよ」のおどしはなんだったのでしょうね〜

で、さっきの女医のエコーで心拍確認できましたけど、超不機嫌の私は女医の言葉は質問でないのでいっさい無視、エコー画像だけ見てました。

そしてまた診察。赤ちゃんのこと、週数とか大きさのことなどなんか言ってたけど、私は聞いてるふり、唯一聞きたかった、前回の妊娠は妊娠と数えるのか、それだけ聞いて、あとは無言でした。

 

あとは清算だと言われて会計窓口で待ってたのに、まったく清算で呼ばれなくて1時間。今度は看護師さんに呼ばれて、紹介状などを渡される。紹介状の文字が殴り書きで読めない。ほんとあの女医、むかつくわー

もう早く帰りたかったし、看護師さんはすごくいい人だったので、それを何も言わずに受け取って、会計をしたのち帰りました。

 

ほんと、自分が思うようになーんにもすすまねー

べつにおめでとうとか言われたかったわけじゃない、ただ淡々と心拍確認、紹介状を受け取りたかっただけ、なんであんな風に罵倒されるようないい方されなきゃいけないんだろうと、今でも悲しくなったりする。